ガチ日記。

こんにちは。最近全くROをやる気がない愉快な仲間です。

先週はだいき。先輩と一緒に秋田に行ってきました。
ROじゃなくてリアルなブログです。

だいき。先輩と愉快な仲間たちとは毎年男だけでスノーボード旅行に行ってます。去年は北海道でした。
今年は愉快な仲間Kの要望により北海道はNGだったので、ツアー料金の安かった秋田にしました。

 

2/15(金)

往路の飛行機はJL161便(7:10-8:20)です。心配性の愉快な仲間たちは4:40くらいに羽田に着いてました。自分はそれくらいに家を出ました。
ツアーについていた「BLUE SKY」という赤い看板のお店のお買い物券(1,000円)を消化し、いざ出発。
「秋田に着いたら運転してもいいよ?」と言ってくれた優しいだいき。先輩は、すでにビールを飲んでいました。

飛行機めっちゃ早い。秋田近い。
秋田空港に着いたらレンタカー屋のおっちゃんに話をして、店舗まで送って貰います。みんなを拾っていざ、たざわ湖スキー場へ。
空港自体山の中だったのですが、秋田市とは反対方向に進んでいるので、コンビニすらないです。(だいき。先輩がぎょーざの秋田民に連絡)
しばら~く走って見つけたコンビニでまたビール。

駐車場の入り口どこだ?と迷子になりながらも、11時くらいに到着。曇りだったけど、田沢湖はしっかり見えました。

当然休憩もビール。

あと、翌日開催の雪まつりの準備もしてました。


たざわ湖スキー上は景色も雪質もよく、またツリーもとても楽しいゲレンデでした。

 

スキー場は3h程度で切り上げて、次は乳頭温泉です。
たざわ湖スキー場から15分程度のところ有名な「鶴の湯」さんがあります。一度きてみたかったところ。
15:00に受付終了、15:30からは宿泊客専用になるため、急ぎました。

乳頭温泉はどこも混浴があることで有名ですが、鶴の湯さんの混浴露天は通路から丸見え。
愉快な仲間といったときは平日&時間ぎりぎりということもあり、アジア系の家族とおじさん1名しかいませんでした。
ちょっと恥ずかしかったですが、せっかくということなので露天に入ります。

お湯はぬるめ。硫黄の香りが漂ういいお湯でした。
当然風呂上りもビール。

 

そして1日目最後の観光地は「田沢湖金色大観音」です。鋳造黄金観音像では日本一の高さらしいです。
愉快な仲間たちが大好きなスノーボードムービーの「Car Danchi NO.5」にも出てきたもので、近くにあるということで急遽行ってみました。

■ 参考:Car Danchi NO.5 Teaser

 

でっかい。

そして門の顔が怖い。

動物の足跡がたくさんありました。出会えなかったのは残念。

 

観光はここまでで、宿泊地の秋田市に向かいます。また1時間半くらいの運転。
19時くらいに着いて、レンタカーを返しました。やっと飲める・・・。
1件目は、観光客をターゲットにしたかのようなお店。

なんかのタイミング?でなまはげがやってきて、日本酒と豆のプレゼント&記念撮影をしてくれます。

きりたんぽとかはたはたとか、秋田っぽいものはみんな食べました。

まぁ、こうなるよね。

夜はまだまだ長かったのですが、特にここに書くようなことでもないので、1日目はこれで終了です。

 

2/16(土)

二日目は何も決めていなかったのですが、朝起きたら今日もボードに行くということなので、急いでレンタカーを予約。
昨日返却した車がそのまま綺麗になって出てきました。

秋田は意外にいい感じのゲレンデが少なく、また秋田市から遠いです。90kmくらい。向かったのは阿仁スキー場。
蔵王、八甲田、森吉山(阿仁スキー場)は「日本三大樹氷」と言われているらしいです。
日本一深い田沢湖、日本一大きい金色観音、日本三台樹氷、日本一有名?な秘湯、などなど、意外にすごい秋田。

あいにくの天気でしたが、やはり群馬・長野・新潟辺りとは全然景色が違います。

■ 参考:天気がいいとこんな感じらしい。

 

スキー場では、秋田犬の北斗くんが出迎えてくれます。

当然お昼にはビール。

土曜日&昼近くに着いたのに、雪はぱうっぱうで気持ちよかったです。ツリーの間隔もちょうどよく、とっても気持ちよい。

 

このスキー場も3時間くらいで切り上げます。みんなおじさんなので腹八分目くらいの満足感でOK。
70kmくらい南下して、春には枝垂桜と街並みで有名な角館へ。弘前、北上、角館でみちのく三大桜名所と言われてますね。

ちょっと着くのが遅くなってしまったので、お店が閉まってしまいました。
武家屋敷の石黒家は17時まであいていたので、見学させて貰いました。みんな真剣です。

ほんとにどこもしまってしまったので、秋田市に帰ります。みんなごめんね。
昨日と同じ道を通って秋田市に帰ります。

1件目は比内地鶏を食べまくりました。美味しかったけど〆に目的だった親子丼を食べ忘れる愉快な仲間たち。

だいき。先輩も日本酒でご機嫌です。(顔を出せないのが残念なくらいとびっきりの笑顔です)

そして2日目も愉快な仲間たちは夜の街に消えていきます・・・。

 

2/17(日)

いよいよ3日目はやることがありません。JL166便(16:50-18:05)までは自由です。
秋田駅周辺が一番やることがないのが衝撃的でした。駅の立ち飲みできるところで時間を潰します。

11時になるとお店が開き始めるので、まだ食べれてなかった「稲庭うどん」と「比内鳥の親子丼」を食べに行きます。すでにおなかいっぱいなのに・・・。

その後は秋田駅⇒秋田空港の直通バスまで暇だったので昼の夜の街に出向くチームとお土産チームで二手に分かれました。
後は特にネタもなく、空港で集合してお土産を購入、羽田に着いて解散です。

 

秋田の観光地や食べ物は北海道ほどの華やかさはありませんでしたが、そもそもハードルが低かったので(失礼)、秋田やるじゃん!ってなりました。
愉快な仲間たちは一度行ったところには二度と行かないので、もう来ることはないと思いますが、とてもよいところでした。

 

・ツアー(飛行機往復、ホテル、朝食2回):21,600円
・オプション(レンタカー2日、ガソリン、リフト券2日):13,000円
・食事:21,000円
・遊び:xxxxx円

 

愉快な仲間たちはめちゃくちゃ飲み食いするので最安で60,000円前後だったようです。
遊びまくったやつは100,000円をちょっと超えるくらいです。
すみません、本当にガチ日記でした。来年はどこかなー。

 

ノシ